おもてなし

調理場

若主人(調理総支配人)

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

私共は創業300年の歴史がある「料亭」であります。
ゆえに300年の長い歳月の間に培ってきた「おもてなし文化」をモットーに、お客様にお喜び頂き、かつ「京都の文化」も味わって頂きますように、精進致しますので宜しくお願い致します。

【新郎新婦に向けての一言】

皆様により良くご満足頂きますように、「新郎新婦様の過去の思い出に残る料理」や「お二方の故郷の食材を使った料理」等お気軽にリクエストして頂ければ光栄でございます。

調理場

熊谷(調理長代行)

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

この度は誠におめでとうございます。
一生に一度でありますセレモニー、お二人とそのご家族・上司・部下・親友の方々等、関係されるそれぞれの皆様全員が喜んでいただき記憶に残る時間になります様に、私は料理をメインとして担当させていただきますので、ご要望は何なりとお申し付けくださいませ。全力で取り込ませていただきます。

【新郎新婦に向けての一言】

式の日が近づいて来ますと、色々と不安な気持ちになる事もあるかとは思いますが、またそれもうれしい思い出になりますので、是非ともいっぱいいっぱい楽しんでください。
応援させて頂きます。

接客

中山マネージャー 

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

当日をお迎えするまでのご要望はもちろん、ご不安な面についても今までの経験をふまえ最適なご提案をさせて頂きます。
また、当日は少しでもお二人様がおくつろぎ楽しんでいただけるよう全力でサポートをさせて頂くべく、それぞれのチームと連携を図り情報のもれないよう努めて参ります。

【新郎新婦に向けての一言】

最良の日をお過ごしいただいた後もご夫妻様・ご家族様の末永い竹茂楼との縁を大切に致します。

接客

中村チーフ

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

ほんの数時間の空間ではありますが、そのほんの時間が一生に一度の大切な時間であることを心に想い、お二人が、ご列席者の方々が“楽しみ”、そして“笑顔”でお帰り頂けるようにサービスを心掛けております。

【新郎新婦に向けての一言】

1億2千680万人分の確率の中で出会われた奇跡とのご縁、そして、その二人、そのセレモニーを竹茂楼でとあげて頂くという、このご縁に感謝しております。

プランナー

加藤

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

お二人にとっての一生の思い出に残るように、お二人にはもちろん、ゲストの皆様にもここ竹茂楼で披露宴をして頂いて良かったと思って頂けるような、そんな披露宴を一緒に作っていけるようお二人にピッタリのご提案をさせて頂きたいと思います。

【新郎新婦に向けての一言】

お二人の披露宴に向ける想い、要望、些細な事でも何でもお聞かせください。
一緒にお二人らしい披露宴を考えていけたらと思います。

プランナー

福持

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

披露宴はおふたりにとっても一生の思い出となりますので、お二人らしい結婚式になるように提案できればと思います。
お客様の持っているアイデアを形に出来るようにしたいです。

【新郎新婦に向けての一言】

披露宴を作り上げていく中で不安もたくさんあると思いますが、全力でサポートしてまいりますので、楽しむ気持ちを一番にしていただきたいです。

玄関

小坂田

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

人生をスタートさせるお二人に竹茂楼での披露宴が一生の記念に残るようロケーション、笑顔でのお迎え見送りまでおもてなしの心で接客します。
結婚後もまた竹茂楼に行ってみたい、食事をしたいと思われるそんな存在感のあるお店でありたいと思います。

【新郎新婦に向けての一言】

夫婦が仲良く暮らす秘訣を教えます。
それは「親しき仲にも礼儀あり」をお互い守ることですよ。
結婚歴30年の玄関番より

スタイリスト

鳥元

【披露宴を迎えるにあたっての心構え】

新郎・新婦様の幸せな時間を共有できることに感謝して、笑顔が溢れる一日を創り出すと言う気持ちで私達も当日を迎えています。

【新郎新婦に向けての一言】

当日のお支度開始から披露宴の結びまで安心して過ごしていただけるように、私達が新郎・新婦様に寄り添いサポート致します。